黒田公二の「権利収入型ビジネス『2001』は詐欺か?レビューします!

黒田公二の「権利収入型ビジネス『2001』-2016年規制緩和により再始動」
黒田公二の「権利収入型ビジネス『2001』-2016年規制緩和により再始動」は詐欺か?
をレビューしていきます。

今回レヴューする商材は「権利収入型ビジネス
『2001』-2016年規制緩和により再始動」というものです。
何だか良く分かりませんね。

オファーサイトは一応ありますが、2015年
12月15日から22日までの期間限定だったようで、
動画などの無料公開サイトは現在リンクされて
いないようです。

期間限定

それでもいろいろ検索してこの商材が怪しいのかどうかの
検証をしてみました。
誘い文句はあまりにも怪しいものばかりです。

例えば、”働かなくても毎月40万円以上の不労所得が手に
入る究極のビジネスモデル”とか”部屋の中でゴロゴロしていても
遊んでいても銀行口座にお金が振り込まれる”といった
あり得ない甘い言葉を並べる権利収入型のビジネスだということです。

察しの言い方ならここであー、アフィリエイト系だなと
気が付くのではないでしょうか?
あれは確かに理論上はブログやYOU TUBEに
アップした記事や動画のアクセス数に比例して
広告料が契約したサイト業者から入る仕組みですが、
現実的には月に良くて数千といったところが大半なのです。

アクセス数

人気のYOU TUBERでやっと月30万円行くかどうかと
いったところではないでしょうか?
この時点で注意喚起商材入りですが、
この商材の運営責任者とはどのような人たちなのでしょうか?

責任者は黒田公一という人で、特定商取引法に基づく表示は
以下の通りです。

管理会社 株式会社Ruang
責任者 黒田 公二 所在地
〒 253-0022 神奈川県茅ヶ崎市松浪2-7-12
メールアドレス support@ruang.org (@は全角にしてあります)
URL http://ruang.org/legend_business/

この黒田という人は個人起業トレーニングプログラムと
称した49800円の高額塾も行っているようで、
やはりバックエンドの高額塾勧誘が目当てなのだなと
分かります。

大体約10万人が年間500万円の権利固定収入が
得られるビジネスなんてあり得ないです。
だって権利固定収入が年間合計5000億円になる
ビジネスとは、もし企業からの権利売上ならば
売上2兆円規模の超一流企業を相手にしないと
達成できませんよ。

固定収入

そんなビジネス評判になったこともありません。
よっぽどすごい商品の特許でも取らないと無理なレベルです。
ネットのアフィリエイトの世界では縁のない規模感ですよね。
まあ、これは手を出してはいけない注意喚起商材決定と
いうことにします。

ネットビジネスならこんな商材に手を出さなくても
自分で方法は見つけられますよ。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

あなたもネットを使ってパソコン1台だけで
稼ぎ出すストレスフリー自由で豊かなライフスタイルを
満喫しませんか?

自由で豊か

こちらへお申込み頂いた方は次々に好きな時に
好きなだけ稼ぐことができるよう
になっています!

パソコン初心者でも全く問題ありません!
一から丁寧にお教えします!

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!

申し込み


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!


こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

タグ


2016年1月7日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:注意喚起

このページの先頭へ