TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

万人平等貯金倍増の法則の飯塚正輝氏と川島康文氏は詐欺?与沢翼氏が大損したパターン・・

万人平等貯金倍増の法則

「万人平等貯金倍増の法則という飯塚正輝
川島康文 」即金系ノウハウ商材です。

販売責任に川島康文と書いてある商材は
詐欺認定されていますね。

今回レビューをしているURLはこちらです。

在宅ワークの詐欺商材を複数リリースしている人物です。

今回は万人平等貯金倍増の法則ということで
「貯金?」に関連する内容ではなく、
単にお金が増えるので貯金が増えますよということらしいです。

まず150万円を用意してそのお金を倍増プログラムで運用します。

そのままパソコンに設置しておけば毎年資金が
倍になって行き6年後には約1億円に
なってしまうという仕組みです。

その内容は「FXソフトを購入して稼ぐ」になります。

FXシステム

つまり元金の150万円を用意するわけですが
FXソフトの金額が100万円もします。

さらにそのお金をFXで運用し倍にする
非常に危険な手法です。

システム稼働後はほったらかしでいいということは
システムトレードですね。

お金を預けてFXのシストレでお金を運用します。


最近では与沢翼が海外のFX会社のシステムで
大損して騙されたパターンと似ています。

システム会社と運用するFX会社はグルの
可能性もあり最終的にはお金を巻き上げる
仕組みが巧妙に仕掛けられています。

FX会社 グル

FXは相対取引ですから値動きや変動幅やスプレッドも調整し放題ということです。
それが海外の金融庁スルーの悪徳FX会社であればかなり怪しいです。

システムトレードは長年裁量トレードをやってきて
相場観やテクニカルに長けている人が
やるべきで未熟な人がやれば完全にシステムに依存することになります。

よって、大ドローダウンでも危ない取引を中断することが
できずに引き際が判断できません。

その結果ロスカットラインまで持っていかれると
自動的に損切りさせられます。

システムトレードでも相場によっては
機能しない場合もあるのです。

テクニカルもダイバージェンス状態では逆に動きます
し値動きは特定のアルゴリズムで
集束させようとしても無駄なのです。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

あなたもネットを使ってパソコン1台だけで
稼ぎ出すストレスフリー自由で豊かなライフスタイルを
満喫しませんか?

自由で豊か

こちらへお申込み頂いた方は次々に好きな時に
好きなだけ稼ぐことができるよう
になっています!

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!

申し込み


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!


こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

ですからシステムで儲けている人は裁量判断も必ず併用して起動修正しているはずです。

販売価格は1,980円です。
情報商材の値段はこの値段なのですがFXのソフトが
100万でさらに稼働させるのに50万かかります。
恐ろしいほどの詐欺商材です。

勿論商材販売者はFX投資を教えてくれるわけでもなく
保証してくれるものではありません。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年5月20日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:危険

このページの先頭へ