TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

送料ビジネスってどうなの?評判、レビューや口コミをお伝えします!

送料ビジネス

またあの与沢翼氏が転売系の商材を出していますね。

まさか購入されたんではないでしょうね?

はっきりいってセールスレターのような簡単に儲けることが
できる可能性は著しく低いです。

まず、50円の本の購入ですが、これは確かにに
たまにブックオフなどで在庫一斉セールなどで売られていることがあります。

”たまに”ですよ。

しかし、この商材で述べている手法とは、バーコードリーダーを使って
儲かる本を探していく、というものです。

え!?いまだにバーコードリーダー使うんですか!

バーコードリーダーを店内で使うことはとっくに禁止されていますし、
店員さんがうようよいる店内であんなでっかなバーコードリーダーもって
ぴっぴっとしていたら怪しまれるし、下手したら、強制退店ですよ。

あなたはそんな店員さんの怪しい目と客の奇異な目の中、ひたすら儲かる
本を探し続けられるだけの精神力とある意味、無神経さをもつことはできますでしょうか?

普通の人ならまず、これだけで第一歩から挫折してしまいます。

それにもし、ここの難関をくぐり抜けたとしても、
50円の古本で利益を出すにはいったいいくつ売らなければならないのでしょうか・・

100冊?500冊?

気の遠くなるような作業です。

ただ本を仕入れただけでは当然終わりません。

本をきちんと綺麗にして、きちんと梱包して、発送作業をする、
AMAZON代行サービスであるFBAを利用するとしても、月額4900円ものお金がかかります。

売上から仕入れ代金を引いてさらに、AMAZON手数料まで引くと・・

利益を出すにはどんでもない量と作業量がかかりますし、
仮に利益が出たとしても数万円くらいでしょう。

おっと!この商材代金約3万円の元手費用の分もひかなければならないので
そうなると、満足できる利益を出すには個人では非常に困難かつ苦痛です。

これだけの作業量と、仕入れの際の精神的苦痛、リスクを考えると
全く持って割に合わないものであると断定できます!

この商材は最近の高額塾からすると値段的に一桁ですので一見やすいと思いますが、
全く価値のないものにお金を使うのはもったいないです!

あなたの貴重な貴重なお金です。

まあ、今回もあの被害者を次々と出している与沢翼氏の
商材ですので、出した時点で「クロ」
購入する価値のないものであると容易に予想はつくのですが。

念のため商材の内容を確認してレビューしました。

では、また続報や何か分かりしだいご報告しますね!

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

あなたもネットを使ってパソコン1台だけで
稼ぎ出すストレスフリー自由で豊かなライフスタイルを
満喫しませんか?

自由で豊か

こちらへお申込み頂いた方は次々に好きな時に
好きなだけ稼ぐことができるよう
になっています!

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!

申し込み


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!


こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年8月1日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:危険

このページの先頭へ