TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

上司、会社にばれないようにするには

副業バレる

副業が上司、会社にばれないようにするには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。副業がばれてしまう原因としてよく挙げられるのが確定申告です。

通常、サラリーマンは会社が処理を行ってくれるため、確定申告をする必要はありません。意識するのは年末調整のときぐらいでしょう。しかし、副業の収入が20万円を超えるようであれば、確定申告をする必要が出てきます。

確定申告をする際に住民税を特別徴収で納付することを選択すると、給与から天引きされる形で収めることになります。副業をしていると当然収入は増えていますから、それに伴って住民税も増えます。

天引きされる額が通常よりも多くなるので、会社にばれてしまうわけです。これを防ぐためには、確定申告をする際に住民税の納付方法を特別徴収から普通徴収に変更する必要があります。普通徴収であれば、住民税を自分で納付する形になるので、会社にばれずに済みます。
また、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下SNS)から上司や会社に副業がばれるというケースもあるようです。

SNSに副業に関する情報を投稿していると、会社の人間に見られた場合、副業がばれてしまいます。アカウントを教えていなくても、公開情報である以上何かの拍子に見つけられてしまう可能性があります。

Facebookは実名で登録しなければいけない上、メールアドレスから知り合いの可能性がある人を表示する機能があるので、特にばれる危険性の高いSNSです。副業に関する情報は投稿しないように気を付けましょう。

Facebookを副業に活用したいという場合、Facebookページを作成すればハンドルネームで利用することもできます。また、Facebook以外のSNSでも副業の情報を掲載する場合には、個人が特定できるような情報を投稿しないように気を付けましょう。

位置情報の取得を許可している場合、どこから投稿しているかが分かってしまうのでオフにすることをお勧めします。写真を投稿する際も、場所を特定できるようなものが含まれていないか気を付ける必要があります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年7月16日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:初心者説明

このページの先頭へ