TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

久門俊介氏について 必死のマシンガントーク炸裂!!

久門俊介

 

久門俊介氏とはいったい何者なのでしょうか?
徹底的にレビューをしていきましょう!

久門俊介氏については以前にも記事んしていますので
こちらもご参照して下さいね!

記事1

記事2

 

久門俊介氏とは輸入転売の塾を販売している自称21歳貿易会社社長
ですね。

「俺、1年で与沢さん超えます!」

3000万プロジェクトや与沢翼とのジョイントでも有名です。

 

久門式転売学院

 

派手な生活を偽り儲かっているようみせる
ブランディング戦略が売りの久門俊介ですが、

 

本人が相応に儲けているという話や根拠はどこにもないようです。

久門俊介 ブランディング

 

写真で見ても分かるように派手ですね~!

久門俊介 派手

 

大学生時代に0から月収50万円にしたという自己報告だけです。

それでいきなり今は高級車に乗っているというのは
何をやっているのか怪しいと思わざると


得ないような人生プロセスですね、与沢翼氏の入れ知恵だと思いますが可哀想な人です。

与沢翼 久門俊介

問題は彼がこれまで大量に販売してきた高額な商材や塾です。

 

与沢翼氏が出資や協力している以上いつもの売り込みパターンで
相当の被害者となっていまっている事態も考えられます。

 

入会者で成功した事例もなく彼のノウハウでは
稼げないと言うのが通説になっています。

そういう相談者にはアップセルでさらに高額な個人セミナーに勧誘するという手口です。
返金も理由をつけて返金に応じないなど悪質さもちらほら目立っています。

輸入転売の塾の内容も酷い内容で、動画を見せるだけで中身のないカリキュラムも多く、
入会者は何をしていいのか分からずに右往左往している状態です。

わざと意図的に分かりにくくしているのか、儲からないようなダメ人間を集める戦略なのか、
恐らく本人がこのようなコーチングしたりカリキュラムを運営していく社会経験も
マネージメント能力もないということが苦情の要因なのではないでしょうか。

大学生が数ヶ月たまたま数十万儲かった実績で何のアイデアも優位性もない若者に一体何を
教わるのか甚だ疑問なわけですが、やっていることはレッドオーシャン市場ビジネスであり、
競合過多の輸入転売で儲け続けることそのものが無謀だと考えます。

いずれにしてもキャリアが浅すぎますし
ブランディングのお芝居も見るに耐えません。

久門式転売学院 ウェビナー

久門式転売学院 評判

 

久門俊介 芝居

彼はパブリックスピーキングを駆使してどこまで自分を偽れるかここに注力しているわけで、
手法も与沢翼系の高額塾をベースとしており中身の無い商材を売り続けています。

実業で儲けようという気持ちはないことから
騙される人は今後も増えていくでしょう。

久門俊介氏には近づかない方がいいでしょう。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!

こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2014年2月3日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:危険

このページの先頭へ