TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

ある場所に1通メールを送るだけで毎日2万円のネット不労所得を得るための初心者限定完全不労所得マニュアルの田中正雄氏は詐欺か?評判は?

ある場所に1通メールを送るだけで毎日2万円

ある場所に1通メールを送るだけで毎日2万円のネット不労所得
というまたも意味不明は情報商材のご紹介です。

 

「ある場所に1通メールを送るだけで」
このフレーズでもう既に詐欺的情報商材と
断定が出来ると思います。

 

ある場所に1通メールを送るだけで毎日2万円


開けてみないと分からないビックリ箱的な
商材がまた次から次へとリリースされていますね。

 

メルマガアフィリエイトであるということが分かりますが
ノウハウが古すぎますよね。

他の情報商材を無理矢理にリメイクして詐欺的商材化しています。

 

ネット不労所得にも該当しません本人が付加価値を生まずして
不労所得はあり得ないからです。

「1通メールを送るだけで」というフレーズだけで勘違いしないでください。

メールを送るまでの段階で敷居の高いビジネスモデルの
構築が前提にあると考えましょう。

 

本当にメールを送るだけだった場合は違法性や
スパム性が極めて高い手法であり、
それ以外であった場合は難易度の
高い実現不可能なビジネスモデルだと思います。

 

既にこのような詐欺商材を知らない情弱な初心者のみを騙す手法でしかないのです。

こういう商材を購入してしまい元を取ろうと
ビジネスを始めたら最後です。
詐欺商材

 

稼げないばかりか気持までも落ち込んでいまし
経済 健康 時間全てを台無しにしています可能性があるんです。



ですので詐欺商材にかかってしまったら
表面上のお金だけでなく関節的にあなたの
人生に影響をしてしまうのです。

かつての私も詐欺商材に散々騙されて
身も心もボロボロになってしまいました。

 

ですので私は明らかな詐欺商材に対しては
断じて許すことができないのです。

 

詐欺商材 被害

「完全合法」とセールスレターに記述がありますが、
誇大表現そのものが違法ですし、
中身を合法と決めつけるのにも根拠となる材料不足です。

損害賠償等に関して特定商取引法に
関する表示にこんな記述があります。

 

「弊社及び関係者又提携先等に、いかなるクレーム、請求、
損害賠償もし得ないことに
同意するものとします。」

 

恐らくこの方は商法というものを
理解されていないのだと思いますが、
始めからクレームや損害賠償が起こると
思われる前提で話していますよね


こんな事を明記する会社は普通ありませんよ。

毎日2万円のネット不労所得 詐欺

 

全額返金も曖昧な表現になっていますので
注意してください。
返金時期が書いていませんので即刻返金されない
合もあると言うことです。
中身の分からない情報商材は決して買わないことです。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!


あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!

こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年12月18日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:危険

このページの先頭へ