TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

人に感謝されながら報酬を得る【メンタルプロンプトセミナー】三ぶろう Office36株式会社は詐欺か?ウツ病は治るか?レビューします!

メンタルプロンプトセミナー

こんばんは!今日モ頑張っていきましょう!
ちょっと変わった商材をご紹介します。

うつ病セミナーの半日参加で29,800円。
セミナーを情報商材化している販売方法といえますが、
セミナーに人が集まらなかった苦肉の策なんでしょうね。
「奇跡のうつ病改善施術師」これ自体胡散臭いと思いますし
誇大表現にあたる可能性があると思います。

 

ところで、これ医師免許いらないのでしょうか・・?

そもそも疑問です。

元々うつ病はそれこそ一付きあっていかねばならない病気なのです。
直ったと思っても再発する、それがうつ病です。

 

簡単にうつ病を完治させた!という事は軽々しく
言ってはいけないとさえ思います。

それを半日で教えるというのは無理がありませんか?
うつ病は個別に抱えた環境やストレスやトラウマが原因になることが多いですが、
個別に解決していくべき問題も多い中で、特定のメソッドに押しつけていいものでしょうか。

 

メンタルプロンプトを普及させたいのに、
その内容は言及できません詳しくはセミナーで・・!

これは良くないですね、情報商材のように中身を
ブラックボックス化させて興味本位だけで
病気に苦しんでいる人を巻き込むような商法、内容はともかく売り方は
非常に際どすぎるマーケティングです。

メンタルプロンプトセミナー 詐欺
自分が広めたいメソッドを何で隠して商品化する必要があるのですか?
世の中には独自のメソッドを提唱している人はたくさんいますが、どれも広く公開して理解してもらい、
それを実践してもらっています。
さらに広めていくには本の出版でありカウンセリングや研修セミナーなどです。

「メンタルプロンプトは、
私たち人間が本来もっている”思い込みの力=自己暗示”を利用して、
ネガティブな志向をポジティブな状態に
誘引するメンタルセラピーの一つです」

要は自己暗示ということですね、
これは催眠療法なのでしょうか。


自己暗示が解けたらまた
うつ病になるという可能性はありませんか?
と思ってしまいま・・

本人にうつ病ではないと信じ込ませることで
「治ったと錯覚させる」というメソッドでないことを
祈るばかりです。

 

自己暗示はどんなに強いものでも必ず解けますから。

メンタルプロンプトセミナー 洗脳

参加される方は「人の弱みに付け込む自己暗示セミナー」かも
しれないということを念頭に置いて、
さらにお金をむしりとられないように注意して下さい。

病気を治すにはお金がかかると
自己暗示にかかったら大変です。

 

そうして、悪徳な宗教のごとく洗脳にかかり
お金を巻き上げられ病気を治すつもりが
ドツボにハマるなんてことがないように
しましょう。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!

こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年11月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:お勧めできない

このページの先頭へ