TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

与沢翼の情報商材や高額塾について 詐欺か?稼げるか?評判は?

与沢翼 情報商材

 

ネットビジネスを始めようと考え、いろいろ情報をネットで探していると、
与沢翼という名前をよく目にすると思います。
最近では連日のように新しい無料オファーと呼ばれるものを
動画形式にして怒涛のごとく

プロモーションを繰り返しています。

 

一時期はメディアへの露出も多くなり、書籍を販売していたり、
テレビにも出ていたりしたので、ネットビジネスに興味がない方でも名前を知っているかもしれません。

株式会社フリーエージェントスタイルという会社を経営しており、アフィリエイト事業に参入して、たったの1年弱で年商50億円を稼いだといわれています。
ミッドタウンの最上階で家賃250万円のところに住み、愛車は高級車が何台もそろれていますね。

また、ネオヒルズ族の代表的人物でもあります。
少し前に流行ったヒルズ族というのは、株などの投資に重きを置いて成功していましたが、
それに対しネオヒルズ族はインターネット広告などで短期間で稼ぐ現金主義が特徴ともいえます。

これだけを見ると、現代のサクセスストーリーを目の当たりにしているようで、
自分もこんなふうに慣れたらと思う人もいるかもしれません。
しかしながら、

彼のやり方に黒い噂が多いのも確かです。

 

「自分もやってみようかなぁ」と思っている人たちに向け、

「無料で○万円相当の情報をプレゼント」などという誘いを出します。
多くの人が情報を得るために、メールアドレスを登録します。
すると、そういう情報を欲しがっている人のリストができあがるわけです。

あとはそのリストの人たちに対して、高額な情報商材を売りつけるというのが一連の手口です。

別にその商材が有益なものなら、まだ問題ないのですが、実際は実現不可能なような荒唐無稽のもの。
中には「理解を得られないような場合、家族と縁を切れ」といったような無理難題もあります。

しかも、儲かるようにしっかりとサポートするといっていながら、
そのサポート体制もまったくなっていなく、当然のことながらまったく
儲けられない被害者と呼ばれるが多数でてきています。

情報を、高額で大量に売れば、確かに本人は儲かるのでしょう。
しかし、そんなことが許されるものでしょうか。

ネット上では、与沢翼や与沢塾に対して被害を受けた人が集まり
、何とか彼を逮捕しようという動きもでているとも言われています。

時代の寵児のように見えた与沢翼ですが、

最終的にはあの人なんだったの・・として

終わってしまう可能性も捨て切れません。

与沢翼危険

例えばあなたが何かをプロモーションする目的や
自分の名前を売るため、一時的なお金を目的にして
彼らに近づいてビジネスで深く手を組むようなことになると
あなたにもそのとばっちりを受けることになるかもしれません。

商材にせよ、高額塾にせよ、

リスクが高いです!

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

 

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!

こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年9月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:危険

このページの先頭へ