TOP バナーS

<只今限定で 入塾無料です!>
月収100万円達成者続出です!
ネットで稼ぎまくりたいのなら
今すぐお申込み下さい!!
申し込みバナー

川崎拓哉氏の魔法のロボット、24時間365日自動現金製造機は詐欺か?評判は?口コミなどをレビューします!

川崎拓哉

河崎拓哉という人物がラストランプの斎藤和也氏とともに魔法のロボットで「24時間365日自動現金製造機」
という変わった名前で無料オファーが行われています。

 

魔法のロボット、1日7クリックだけで毎月数十万円、果てには
何百万円稼げると唄っていますが、
この煽り方・・何かに似ていませんか?

即金で4クリックだけで日給1万円が稼げるといった
詐欺商材の唄い文句に
非常に似ています。


実際にこのプロダクトローンチの動画を4本
見てみましたが、

話がころころ変わり何が本当なのかが見えてきません。

ずっと稼いでいる、言ってみたり、この手法を開始して半年と言っていたり・・。
 

ツイッターを使って稼ぐというのがメインということだけは
分かりますが、
いったいツイッターをどう使うのか、集客に使うのか、
ブランディングに使うのか、
そのツールはどういったことができて、とういった仕様なのかが
現時点では見えてきません。

 

動画で話している内容といえば、
「1日7クリックだけで稼げたら、それしゃあ楽ですよね~」
とか、
「初心者でも大丈夫ですよ!」

凄いですね~
「私が徹底的に稼がせます!」

「へえ~凄いですね~」
とかお金と幸せ度の関係などの一般論を語りあい、
中身を同じ仲間で絶賛しまくりの内容だけで、
正直中意味があまりない

動画だと思いました。^^;

動画慣れしている、話慣れていないのではないでしょうか?

ビジョンで年収1000万円を稼げる人を
1000人生み出すと言っていますが、その理想論は分かるのですが、
どういったスケジュールで何をどうやってどうやったビジネスで
どのように集客をして、キャッシュポイントが何なのかを
全く話しておらず、

具体性に欠け過ぎています。

 

具体的中身

 

このようなだらだらと当たり触りの無いことばかりを

永遠と動画を何本も並べて次を見たい!とワクワクする人は
いるのでしょうか・・

 

私ならこの動画の先にバットエンドがあるなしに

関わらず興味が全く湧きません。

 

考えてみれば同じく対談をしているラストランプ株式会社の
斎藤和也氏がリリースしている高額塾「大富豪専門学校」
も何がしたいのかよくわからない商材でした。

今回も同じような商材が出そうな感じがプンプンします。

塾の卒業生にもこの動画を見てもらいましたが、
私の意見を言わず感想を聞いたところ、私と
同じ意見でした。

他の人もこのように感じている人は多いのではないでしょうか。

現段階でバットエンドの中身がまだ出ていないので
断定はできませんが、
私個人なら全く興味すら沸かないような

何を伝えたいか
よくわからないものに魅力を全く感じないものは

お勧めはできません。

お金を稼ぐ方法の決定版!これで稼いで下さい!

 

あなたがお金を稼ぎたいと思うのなら、月収100万円達成者を多数輩出している
最高の環境と最強のノウハウで

結果を出すことができます!


塾生で月収100万円超え多数者排出中!

遅くとも24時間返信、数時間での返信という
迅速なサポートときめ細やかな
対応で塾生から絶対な評価を頂いています。

井上塾 サポート

しかも入塾は無料!!

高額塾を超えたクオリティと
再現性の高さを今すぐお申込み頂き、
実感して下さい!!

こちらから「お申込み」下さい!

ロゴ

申し込み

詐欺徹底糾弾、被害撲滅のため
力をお貸し下さい!

私の周りには信頼できる知人や
有力者からたくさんの情報を寄せられます。

またありがたいことに、この情報はどうですか?
といった一般の方からも多数の
情報提供、ご相談を頂いています・

その情報網は日本一です。

詐欺商材を購入してしまった人から
の情報提供なども頻繁に頂きます。

中には自分と同じ目にあって欲しくないとの
思いからマニュアルなどもご提供頂きます。

その情報が私達の詐欺撲滅運動の貴重な
資源となります。

万が一詐欺に合ってしまって方は同じような
被害者を出さないよう、少しでも情報提供を
頂ければ幸いです。

業界健全化

あなたのその行動が業界健全化への
大きな力となります。

こちらのメールにご連絡を頂けますと、
幸いです。

よろしくお願い致します。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2013年9月25日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:注意喚起

このページの先頭へ